にこにこクラブSUNFISHは、知的障がい、発達障がいなどがある人の自立した生活を支援する会です。

活動内容について

  • HOME
  • 活動内容について

主な活動内容

※今年度の事業についてはFacebookをご覧ください。

水泳教室

一年を通して毎週木曜日の放課後に活動しています。
一人ひとりのスイミングレベルと状態に合わせ、視覚支援カードを用いて無理なく楽しく練習します。
公共施設利用のマナーや集団の中で行動するマナーも学びます。

  • 水泳教室
  • 水泳教室
日時 毎週木曜日 PM5:00~PM6:00
(年末年始、お盆、祝日などはお休み)
場所 【名称】福井市東山健康運動公園内プール
【住所】〒918-8215 福井県福井市寮町50-5
【TEL】0776-54-9190
月会費 月1回/2,000円
月2回/4,000円
月3回以上/6,000円
対象 知的障がい、発達障がいなどがある年長から成人の方
※身体障がいのある方もご相談ください

スイミングフェスティバル

年1回「ゲーム大会」や「活動発表」、「スイミングの体験」を開催し、スイミング活動へのきっかけ作りやボランティアの育成、家族や支援者、市民の方へ活動の理解を深めています。

  • 水泳教室
  • 水泳教室
日時 毎年9月~10月
会場 福井市東山健康運動公園内プール
参加費 無料
対象 知的障がい・発達障がいなどのあるお子さんから大人の方、ご家族、お友達など、一般市民
※身体障がいのある方もご相談ください。

世界自閉症啓発デー

毎年4月2日は、国連の定めた「世界自閉症啓発デー(World Autism Awareness Day)」、そして4月8日までが「発達障害啓発週間」です。この期間に広く啓発する活動を行うことで、自閉症をはじめとする発達障がいについての正しい理解が深まり、支援の輪が拡がることを目的とします。

世界自閉症啓発デーについて

日時 毎年4月
対象 一般市民、自閉症・発達障がい児者、ご家族、支援者ほか関係者
  • 世界自閉症啓発デー
  • 世界自閉症啓発デー
  • 世界自閉症啓発デー
  • 世界自閉症啓発デー

ライフサポートファイル『クローバー』の作成

障がいのある方の「本人の思い」「くらしの状況」「発達歴」などをライフステージごとに記録するファイルです。
学校や福祉サービス事業所、相談機関などへご本人の様子や必要な支援を正しく伝えることができます。
『クローバー』の大切な目的は、ご本人の「自分のしたい暮らし」を支えることです。

ライフサポートファイル『クローバー』ダウンロードはこちら

『クローバー』が新聞記事に掲載されました。

ライフサポートファイル『クローバー』

災害時手帳『らいと』の作成

障がいのある方が災害時のことについて知り、災害時に必要な行動ができることで、少しでも安心な生活が送れるようにと作成した携帯用の手帳です。
災害時に周りの方に知って頂きたい、ご本人についての大切な情報をご記入下さい。
「ご本人が思いを伝える」「ご本人にわかりやすく伝える」ためのコミュニケーションツールもついています。ぜひ普段の生活にも取り入れて下さい。

『らいと』が新聞記事に掲載されました。

災害時手帳『らいと』

災害時手帳「らいと」

災害時の暮らしへの支援

2018年3月には、「障がいのある人の 災害時の暮らしのための講座」を開催し、福井市防災センターでの地震・台風などの体験の後、「避難行動要支援者制度と災害時のくらし」と「まちなか被災シュミレーションからわかる災害への備え」について学びました。
今後も継続して開催し、一人ひとりの災害への備えにつなげていきます。

災害時の暮らしへの支援

災害時の暮らしへの支援

自閉症・発達障がいのある人のいごこちのいい暮らしを支えるために

おめめどう講演会&ワークショップ

講師株式会社おめめどう 奥平綾子氏、オブザーバー 大西俊介氏

当団体では毎年講師に奥平綾子氏をお招きし、障がいのあるご本人の自己決定を支えるための関わりや具体的な支援グッズの使い方について学び、実践につなげています。
株式会社おめめどうは、自閉症や発達障がいの方のコミュニケーション支援の様々なグッズの販売や講演会の開催、ブログやネット、メールマガジンでの支援を行っています。

おめめどう講演会&ワークショップ

おめめどう講演会&ワークショップ

障がいのある人の“自分のしたい暮らし”を支えるために

障がいのあるご本人の意思決定に基づいた、“自分で決めた、自分のしたい暮らし”を支えるための活動を行っています。
2017年11月には、福井県立大学の相馬大祐先生から「ライフサイクルの視点」から見た障がいのある人の暮らしについて、国立重度知的障害者総合支援施設のぞみの園の桑原さやか氏から、自分のしたい暮らしを支える実践例として「ライフストーリーワークの取り組み」についてご講演頂き、その後ライフストーリーワークのワークショップを行いました。

子育てや生き方について学び合う場 yui(ゆい)

障がい児であってもベースは「普通の子育て」であること、誰もが一人の人間として尊重される存在であることを大切にして、特性に合わせた支援を参加者同士がお互いを尊重し合うスタイルで学んでいます。また、カウンセリングの基礎を学ぶことで、子育てや親自身のセルフケアに生かしています。※Yuiには、①「唯:ただそこにある、あるがままの自分」、②「結:人と人、親と子、当事者と社会を結ぶ、結び直す、つながる・つなげる」の意味があります。

日時 毎月1回 平日10時~12時
場所 主にハーツ羽水店内多目的ホール
参加費 資料・お茶代として200円
対象 子育て中の保護者や子育てに関心のある方
  • ゆい
  • ゆい

これまでに行った活動

2008年9・10月

育成会げんき塾日常マナー教室

買い物の練習・実践、交通安全教室、食事マナー

2009年2・3月

育成会げんき塾日常マナー教室

買い物の練習・実践、交通安全教室、食事マナー

2009年10月

第1回スイミングフェスティバルをスタート
※スイミングフェスティバルは、この年より毎年開催しております。

2010年2・3・12月

育成会げんき塾日常マナー教室

買い物の練習・実践、交通機関利用・食事マナー・外食体験

2011年8月

育成会げんき塾

夏休み「うんどう教室」

2011年2・11月

育成会げんき塾日常マナー教室

お金の使い方と買い物の練習・実践、電車での外出と外食
スケジュール・カレンダーの作成

2012年2月

マザーズリフレッシュガーデン

講座・フラワーアレンジメント(AOSSA)

2012年2月

アダプティブワールド運動教室

2012年8月

科学実験教室「科学をからだで感じよう」

2012年8月

マザーズリフレッシュガーデン

講座・ヨガ・食事会(リライム)

2013年9月

第5回スイミングフェスティバル

5周年記念講演&実技ワークショップ
「知的・発達障がい児者が運動を享受できる環境づくりにむけて」
講師NPO法人アダプティプワールド代表 齊藤 直氏

2014年3月

おめめどう講演会

「障害がある人の自己決定を支える」

2014年6月

マザーズリフレッシュガーデン

講座・メイク&ファッション、食事会(西武福井店)

2014年7月・8月

夏休み「うんどう教室」

2014年12月

おめめどう講演会

「自閉症・発達障害の人の居心地のいい暮らしのために ~ぼくの・わたしのカレンダー・スケジュール・コミュメモ~」
福井新聞 D 刊に掲載されました

2015年7月

おめめどう講演会

ミニ講演会&ワークショップ
「障がいがある人の 居心地のいい暮らしのために~コミュニケーションメモで伝えあおう~」

2015年7月・8月

夏休み「うんどう教室」

2016年5月

おめめどう講演会

講演会&ワークショップ
「自分のことは自分で決める~自分が主人公の暮らしをするために~」

2016年7月・8月

夏休み「うんどう教室」

2016年9月

講座「CAPこどものサポーターになろうキャンペーン」

2017年7月・8月

夏休み「うんどう教室」

2017年11月

講演会&ワークショップ
「障害のある人の今とこれからの“自分のしたい暮らし”をささえる」

2018年3月

おめめどう講演会

世界自閉症啓発デー2018講演会&ワークショップ
「自閉症の人が大人になるまでに身につけておくこと」
「巻物カレンダー・スケジュールを作ってみよう!コミュニケーションメモを書いてみよう!」

災害講座

「障害のある人の災害時の暮らしのための講座」

2018年10月

「子育てや生き方について学び合う場 yui(ゆい)」をスタート